診療内容

皮膚科 内服薬、外用剤を中心とし、外来処置などを行います。
アレルギー科 内服薬、外用剤を中心に、蕁麻疹などの酷い症状に対しては注射による治療を行う事もあります。

専門治療について

外来手当 アトピー性皮膚炎をはじめとした湿疹に対し、重層法による外用剤手当を行います。
外来治療 アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬などに光線治療を行います。

具体的検査・治療法

まずは視診を行い、患部の状態を確認します。それにより仮説診断を立てて血液検査・検鏡などの検査をのうえ確定診断を行います。
すぐに結果の出るものに関してはすぐに治療をはじめ、また検査に日数がかかる場合は仮説診断に基づき治療していきます。
さまざまな症例数を経験していますので、ご安心して治療を受けていただくことができると考えています。

光線治療(ナローバンドUVB)

  • 全身用

  • 光線を当てて治療する比較的新しい治療法で、ステロイドなどの外用剤の使用を減らせる可能性があります。 尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)・アトピー性皮膚炎の治療に用います。

  • 手用

  • 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)や尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)の治療に用います。

  • 足用

  • 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)や尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)の治療に用います。

ソフトレーザー

  • 帯状疱疹などによる痛み{神経痛・疼痛}や蕁麻疹(じんましん)のかゆみに効果があります。

エキシマーライト

  • 従来の光線治療機器では比較的患部が広範囲に及ばないと治療対象にしにくかったのですが、この機器はわずか数㎠のスポットで当てていくため、患部の範囲が小さくても治療の対象になります。尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)、尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、類乾癬、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症など皮膚疾患への治療が行えます。